出産レポ

 



320日(月・祝)

予定日から3日すぎてもまだ子宮口1cmで、お医者さんにまた1週間後に検診来てね~と言われてしまい、少し焦り始めていた。

3連休で妹が実家に来ていて、引越し先の物件巡りに付き合っていた。3連休最終日の20日は、なんとなく体調が良くない。軽い頭痛。朝から不動産を2件回り、無事決定。昼は美味しいホテルの中華。その後デパートを軽く回って帰宅。相変わらず体調不良。夕食はあまり食べられず。父からのプレッシャー(本人悪気なし)に此処一番の苛立ちを覚え、部屋に引きこもる。

2330分、トイレに行くと血が少しだけ混じってる。部屋に戻ると重めの生理痛のような痛み。両親と旦那に、おしるしかもしれないけどとりあえず今晩は様子を見たい、と伝える。もう一度トイレに行くとしっかりめの血。落ち着こうと録音のバナナムーンを聴きながら陣痛間隔を計測すると、一瞬で10→7→5分間隔となり、めちゃ焦る。自宅で耐えれるところまで耐えたかったが、不安になり2時ごろに病院に一応電話。そこまでの痛みではなかったので本陣痛かどうか確信が持てず、旦那を電話で起こすか、両親を起こすか、悩む1時間。変わらずの3分半間隔でどんどん痛くなるし、これは前駆陣痛ではなさそうと判断。

3時、両親を起こし、旦那を電話で起こす。両親がすぐ起きてくれた(うとうとしてくれてた?)ので嬉しかった。あらためて病院に電話。母に送ってもらい病院へ。

4時過ぎに到着。子宮口3.5センチ!

4時半に陣痛室へ。3分間隔、陣痛は50秒くらい。ソフロロジーで産みたかったので湯川潮音CDをかけて、声は出さずにフーーーーーゥと10秒、長く息を吐く。吐きながら片手で指折り10数える余裕がまだあった。5回吐くと波が終わるので、母にサポートしてもらいながら耐える。テニスボールも用意したけど使わず、波が来たら腰を押してもらったり合間に水分補給したり。

5時半、3分間隔のまま痛みがかなり強くなって来たのでナースコール。何波か上手なサポートしてくれたあと、7時にまた見にくる、9時にはお医者さんが回診にくると言って去る。絶望。

しかし痛みはどんどん強くなる!もうこれは、結構な、結構な進行なのではと思っていると6時半ごろ助産師さんが様子を見に来てくれ、子宮口確認すると8cm7時に分娩台(LDRへ移動。ここからは最後まで助産師さんの完璧なフォロー。フーーーーーゥも息じゃなくてふ〜〜〜〜〜〜!!!!!!と声になってしまう。この時の私は動物だった。痛いって言わないつもりだったのに、ふ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!ぁぁあ痛い!!!!って3回くらい口が勝手に言ってた。この時間がいちばん辛かった。


8時半、子宮口全開。全開になれば出て来るまでは早いらしいと知っていたので、もはや旦那は間に合わなくていいからはよ産んでしまおうぜと意気込んでいきんだが、30分頑張っても状況は変わらず、破水もしないので、おそらく人口破水された。なんか手を突っ込まれてプチっといったので……

そしたらもう思いっきりいきんでいいよと言われ、こういう場合3波くらいいきんだらだいたい出るというネット記事を信じ、いきむ!髪の毛見えたよ!と言われて、いきむ!髪の毛見えてるよ!いきむ!髪の毛!髪の毛から進まない!!!3波じゃないんかい!!!ずっと髪の毛!!!!!!!!!

9時半ごろついに旦那氏到着。間に合うんかい!!!まだ髪の毛から進んでない!!!!母いわく50波くらいいきんでた、分娩台に乗ってからが長かった。と。ちなみにいきむのはそこまで痛くないです。完全にうんち踏ん張るのと同じです。痛さよりも全力いきみで体力の消耗が激しくて、出さなきゃ終わらないのにもう休みたくて、疲れた。股関節外れやすいと事前に話していたせいか、ずっと足台使わずにいきんでたけど、ついに足台で股関節を開いて、マジいきみ。10時過ぎくらい。もう、別に痛くはない。ただの便秘。出口を指で広げてくれるので出そうなんだけど、私の下腹部のパワーが足りなくて出ない感じ。(一波3回いきみくらいだけど5いきみくらいできたらもっとするっとでたかも。腹筋と体力?)「もうすぐ先生くるから処置してもらって出すよ~」と言われる(多分会陰切開のこと)しかし先生こねぇ~なにやってんだよ。 結局、頭が出たところで先生到着し、切らずに終了。1044分誕生!体拭いたらすぐに泣いた。ようこそ、と言った。3314gと大きかったので、ふっくらしてて最初から可愛かった。後の資料によるとへその緒が首と体に一周してたようであった。だから中々でてこなかったのかな。

カンガルーケアはない病院だけど、見えるところで体を拭いてくれて、そのまま顔の隣に寝かせてくれる。か、かわいい~~と、気を逸らしている間にも後処置で色々な物をお腹から取り出す作業。お腹押して力技で出すらしく恐かった。赤ちゃんを見て気を紛らわす。自撮りしたり。

その後分娩台のまま2時間そのままの体制で休憩だったんだけど元気だったので寝ないで携帯いじったりしていた。


明日で3ヶ月

ブログかけねぇ〜。

 

1ヶ月半ごろから「ぅくぅ〜ぁぱぁ〜♡」とこの世のものとは思えない(ほどカワイイ)声を出していた赤子ですが、

さいきんは「ぅるーー!!!!あーーーーー!!!!あーーーー!!!!うっきゃい!!!!!!!!」とテンション爆上げ。やべぇ。声でけぇ。

 

昨日はあやしていたら「うきゃきゃ!」と一回だけ笑った。

 

自我のにおいを感じる。確実に人間に近づいている。

 

 

出産レポ書くぞー。

 

 

予定日

そろそろ予定日です。

正確にはあと5日。

前回、臨月だ!とブログを書いてから3週間、

何をしていたか振り返ってみると

かんぜんに脳みそフワーッとしてしまっていたな。

 

実際には「産まれるまでにやりたいな」と思うことに手をつけてはいたのだけど、

何かにやらされてる感じがしてしまい、あまり集中できず。

焦ってるなあ。

 

なんで焦ってるのかというと

完全に、「安産、そしてあわよくば予定日より前に出産」

というイメージトレーニングができていたのに

前々回、前回の検診で「まだまだっぽいね」と言われて肩透かしだったこと。

しかも周りに期待させまいと

牽制のつもりで「予定日超えそう〜まだ期待しないで〜」と声に出してたら

ブーメランでそんな気持ちになってしまった。

 

いや〜数ヶ月前までは予定日を過ぎても生まれたらいいやと思ってたけど

いざ迫ってくると、まじではよ産まれろと思うね。

 

先日出産した友人達に「どう〜生まれそう〜?」とか

のん気にLINEしてしまっていたことを今更反省している。

こっちも妊婦なのに気づけないもんだなあ。

ほっといてくれって感じだよな。無言がいちばん。

 

(なぜ予定日前後の妊婦が周りに急かされるのを嫌がるかというと、

予定日を過ぎるとお腹の中で赤子がどんどん育ってしまい、

産むのが大変になるから、できれば大きくなりすぎないうちに生みたいと思い、

陣痛を促す運動などをみんながんばっているからです。)

 

 

それで、今日は気持ちを入れ替えて

「もしかしたら今日生まれる可能性、あるぞっ!」という意気込みで

車で移動するときも出産入院セット(結構大荷物)を持ち込んだり

「今日生まれるかもしれんよ、満月だし」と声に出したり

本とか編み物とか無駄なあがきをやめて

だらだら半身浴してたら

お風呂から上がったあと母から「あらお腹さがってきたんじゃない?」と言われ!

(臨月をすぎるとある時お腹のふくらみの位置が全体的にさがる。

出産の準備にはいりましたよ〜というひとつの目安。)

再びテンションを取り戻してこの記事を書いております。

 

とにかく、リラックスするとお産が進むというのは本当のようなので、

何かをしようとはせずに、暖かいお茶でも飲んで、ゆったり過ごそうと思います。

ただの近況報告になってしまいましたが以上です。

臨月

今日から臨月(10ヶ月目)に突入。

 

市が運営している妊娠・子育てメルマガが毎日「今日は週と◯日です」と律儀に教えてくださるので、どうもどうも、たいへんありがたい。

 

昨日まで、まだ1ヶ月以上あるのか、長すぎる、と実家に若干飽きていたのに、

臨月と言われると急にそわそわしたりして。

 

今日のメルマガにも「途端にソワソワした気分になるかもしれませんね」とばっちり書いてあった。マニュアル通りじゃん。

 

臨月は36週からを言うけど、正産期(一番出産に適した時期)は37週〜41週のようです。

 

今週はなにをしようかな。

妊娠してから本やブログ記事をたくさん読み漁ってるんだけど、興味のある内容が少しずつ変化しているのがおもしろい。

 

最初は妊娠について。

妊娠◯ヶ月目は体調にどんな変化があるのか。お腹の赤子はいまどんな状態なのか。胎動がある6ヶ月目くらいまでは実感がわかないので、本や記事を読んで想像を働かせるしかないんだよね。ほうほう今はiPhoneくらいのサイズか…と。

 

ここ1ヶ月は出産について。

出産レポ漫画は巷に溢れているのでありがたい。陣痛〜出産にはほんとうに色んなパターンがあるみたいで興味深い。自分はどうなんだろうなぁとイメージトレーニングしまくり。なんか、陣痛じゃなくて破水が先にきちゃう予感がするんだよなぁ。しかも街中で。陣痛タクシーというものに登録したよ。

 

そして臨月に入った本日は、ついに育児についての本を2時間くらい立ち読みをしました。やっとかよ。

子供を寝付かせるため方法がまるまる1冊の本になっててドキドキした。

とりあえず育児入門書を1冊購入して本日は帰宅。

読むのたのしみだな。